下腹部痛 原因 症状 対処法

排卵日 お腹が張る 生理前 症状 妊娠初期 ガス 腰痛記事一覧

 排卵日付近には、様々な症状が起こることがあります。その一つとして、お腹が張るといった症状もあります。排卵日付近にお腹が張る原因としては、子宮の膨張というものが考えられます。子宮が膨張することで、腸等の臓器を圧迫するため、便秘になったりガスがたまるということが起こります。また、この排卵日付近の時期は、女性ホルモンの分泌量が増えます。それにより、一時的に腸の動きが悪くなり、お腹が張る等の違和感を感じ...

 生理前になると起こる、女性の体の変化のなかにお腹が張るという症状があります。お腹が妊娠しているかのように、ぽっこりと出てしまったり、内側から圧迫されて苦しいような感じがしたり、中にはそのまま便秘症状へとつながってしまう人もいます。生理前にお腹が張る原因は、その頃から生理中に大量に分泌される女性ホルモンの一種である、黄体ホルモンの影響が深く関係していると言われています。黄体ホルモンは皮脂を多く分泌...

生理前にはイライラや便秘で悩む人は多いです。いつもより生理が遅れて、お腹にガスが溜まり便秘が長く続いたりお腹が張る状態が続けば、もしかしたら妊娠初期症状かもしれません。心当たりがあるならば、便秘薬を試す前に妊娠検査をすることをお勧めします。なぜ、妊娠初期にそのような症状が表れるかというと、妊娠した瞬間から子宮は出産へ向けて動き出すからです。妊娠期間のわずか10カ月の間に容積50mlから4lにならな...

 生理前にお腹が張ることがあります。その原因は一体何なのでしょうか。生理前になると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌量が増えます。黄体ホルモンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなるため、お腹が圧迫された感じがする人もいます。また、黄体ホルモンが増えると腸のぜん動運動が低下します。そのため便秘気味になり、その結果腸内の腐敗を促す悪玉菌が増え、ガスが発生しお腹が張る原因になります。黄...

 女性は28〜35日周期で排卵が起こるため、そのサイクルに合わせて体内の女性ホルモンの分泌量が短期間で大きく変化します。生理前に腰痛やお腹が張るのはPMSの一種であるとも言われており、その原因は女性ホルモンの分泌量が変化したことによります。生理前にお腹が張るのは生理前になると妊娠に備えて黄体ホルモンの分泌量が過剰になるのですが、その影響を受けた子宮や卵巣が活発に活動を始め、水分や栄養分をため込むよ...