妊娠初期 下腹部痛 出血なし

妊娠初期の出血なしの下腹部痛は丁寧に様子を見よう

スポンサーリンク

 妊娠初期になると、多くの症状が女性の体には起こります。
その中でも妊娠初期の下腹部痛はとても気になる症状になるのではないでしょうか。
赤ちゃんに何かあってはいけないという心配や、自分の体に何が起こっているか、普段とは違うということもあって不安に感じることが多々あります。
まずは、下腹部痛が起こっている前後で、出血があるかどうかということを確認しておきましょう。
出血なしならばまだ安心ですが、出血が見られるという事であれば、安静にして病院に電話で連絡をしてどうしたらいいかを相談しましょう。
妊娠初期の母体、また赤ちゃんというのは非常にナイーブになっていますので、自己判断で病院に行かないということは避けるべきです。
とはいえ、緊急に病院に行くということも状況によっては−になるということもありますので、病院の先生にまずは確認をするということを先に行うことが大切です。
出血なしの場合でも、下腹部痛がひどいという事であればそれも相談してみましょう。

スポンサーリンク

下腹部痛の原因というのが、妊娠初期には、子宮からホルモンが分泌されるためといわれています。
しかしあまりに強い痛みという事であれば、出血なしの場合でも他の原因がそこにはあるということが考えられます。
安心のためにも、通院して原因の特定をしてもらうということが大切になります。
妊娠したと思っていても、子宮外妊娠ということもあり得ますので、妊娠検査薬で陽性が出た場合には、産婦人科で診断をしてもらうということも非常に大切です。
自分自身の判断ではわからないことというのもたくさんありますので、注意しましょう。
安定期に入るまでの間、お腹がだんだん大きくなってくるということもあり、下腹部の違和感というものは何度か感じることになります。
そこで痛みや、普段とは違う症状を感じるということがあれば、積極的に産婦人科の先生に相談をしましょう。
恥ずかしいというような気持ちで伝えないと、不具合が出てくるということもありますので、赤ちゃんのためにも診療をしっかりと受け、丁寧に自分の体と向き合いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のチクチクした下腹部痛の原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の下腹部痛や鈍痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のくしゃみと下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠超初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠後期のズキズキとする下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。