排卵後 下腹部痛 続く

排卵後の下腹部痛が続くときには

スポンサーリンク

 排卵後にお腹に痛みを感じるということがあります。
この場合には排卵痛の可能性が高くなっています。
排卵後に下腹部痛というような症状を感じることがありますが、妊娠を希望しているという人の場合には、下腹部痛の症状は非常に気になってしまいます。
排卵後の下腹部痛に関しては、まずは排卵日をしっかりと把握することが必要になります。
しかし特定をすることは難しくなっています。
正確に知るためには、基礎体温や生理カレンダーを付けるという方法があります。
また排卵日といわれるときには体にさまざまな症状が現れるようになっています。
下腹部痛だけではなく腰痛などの症状も現れるようになっています。
排卵後、女性の卵巣の中には黄体というものが残るようになっています。
そして卵巣全体が少し腫れたような状態となっています。
これが原因となってお腹の張りや痛みが続くようになっています。
また卵巣からはたくさんの女性ホルモンが出るようになっているので、これもお腹が痛くなる原因となっています。

スポンサーリンク

下腹部痛を感じた場合でも、一定の期間が経過すれば症状が改善されるようになっています。
しかし長く続くというような場合には心配になってしまいます。
下腹部痛が続くというときに病院を受診する目安としては次のようになっています。
それは毎月痛み止めが必要な場合となります。
痛みが3日以上続いたりする場合も病院を受診するようにします。
また1回であっても強い痛みを感じる場合には病院を受診するようにします。
排卵後の下腹部の痛みに関しては病気ということではありません。
したがってとく日量が行われているということではありません。
しかし毎月続くというような場合には鎮痛剤などを服用します。
このほかにはピルが処方されることもあります。
ピルを使う場合には、排卵を止めて下腹部の痛みがあるかどうかの確認が行われるようになっています。
下腹部の痛みに関しては必ず排卵後に現れるということではありません。
したがって少しでも心配があるというような場合には、病院を受診して医師に相談をするようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に起こるチクチクした下腹部痛の原因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後の右下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に下腹部痛や腰痛が起こることもある
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。