生理 1週間前 下腹部痛

生理の1週間前くらいから起こる下腹部痛について

スポンサーリンク

 女性には毎月必ず月経があります。
月経が毎月、同じ周期でくる女性もいれば、不順で周期がばらばらという女性もいます。
一定の周期で来てくれれば、ナプキンなどの用意もしやすいのですが、不順の場合、いつ生理が来るかわからないので大変です。
特に生理周期が不順の女性の場合、生理の1週間前くらいから下腹部痛があるという方が多いそうです。
右下腹部もしくは左下腹部がひっぱられるような痛みだったり、チクチクしたり、ズキンという強い痛みがたまにするという人もいます。
生理前に必ず、定期的に痛みを感じる場合は、生理前症候群が原因の腹痛の可能性があります。
気になって病院に行く人も多いようですが、きちんとした改善方法は解明されておらず、対症療法による治療になります。
個人でできる改善方法として、女性の多くは、生活習慣を整える事が大切になってきます。
睡眠や、食事、運動などで普段の生活リズムを整えると、個人差がありますが、痛みが緩和されるようです。

スポンサーリンク

他にも1週間前くらいから起こる下腹部痛にはどのような原因があるのか、対処法はあるのかを説明します。
まず生理の1週間前くらいになると、イライラ、下腹部痛、眠気などの精神的、身体的な不快感が表れます。
特に、食生活に乱れがある人、タバコやお酒、コーヒーなどの刺激物を嗜好品として好む人は下腹部痛などの症状が激しくなるそうです。
痛みからのストレスで、余計に手を出してしまいそうですが、なるべく避けることをおすすめします。
痛みがある時期は、ビタミンやミネラルも不足してしまいがちですので、サプリメントなどで補うことも大切です。
また、甘いものを必要以上に摂取したくなるのも月経前の症状の一つです。
ですが、砂糖の多い生クリームやチョコレート菓子を必要以上に摂ると、痛みが重くなる可能性が高くなります。
甘いものがどうしても食べたい時は、ケーキやチョコレートではなく、黒糖、さつまいも、栗などがよいとされています。
またナッツなども血糖値を安定させてくれますので、月経前に摂取するのが、とてもいいそうです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理前のチクチクした下腹部痛の原因と対処法について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前の下腹部痛と鈍痛についいて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理2週間前の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理が遅れ下腹部痛があるのに妊娠検査薬は陰性
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理予定日の1週間前に起こる下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。