排卵後 下腹部痛 腰痛

排卵後に下腹部痛や腰痛が起こることもある

スポンサーリンク

 女性の場合、排卵後に下腹部痛や腰痛が起こることがあります。
これはもちろん、人によって違っています。
全く起きないという人の方が多いため、ほとんどの人は排卵している日を自身で知ることはできないはずです。
知る方法は基礎体温のチェックとなります。
逆に、排卵後に決まって下腹部痛や腰痛が起こるという人は、その症状から排卵が起きていることを知れるようになります。
妊娠したいと思っている人であれば、かえって好都合です。
ホルモンバランスの影響から、このような痛みが生じることがあります。
もちろん、病気のせいというわけではありません。
痛みが起きても至って正常の状態と言えます。
それでも、毎回、痛みが生じて辛いという人は、念のため、婦人科で検査をしてもらうことをお勧めします。
ホルモンバランスの状態などを採血といった検査によって、知ることができます。
状態を知ることができれば、妊娠計画も立てやすくなるので、ちょうどいいかもしれません。

スポンサーリンク

排卵後に下腹部痛や腰痛が起こってしまい、それがとても辛いという人は、婦人科で薬を処方してもらうことも可能です。
いわゆる痛み止めというものを処方してもらえることになります。
もしくは、ホルモン量などの検査結果によっては、ホルモン量を調節する薬を処方してもらえることもあります。
いずれにしても、きちんと自身の体の状態を診てもらうことが大切です。
一般的には、排卵をしても痛みを生じることはありません。
そのため、多くの人は排卵に気づくことはありません。
基礎体温チェックによって排卵日を予測することしかできません。
もし、下腹部痛や腰痛が頻繁にあるというという場合には、そこから排卵を予測することも可能となります。
その都度、痛みがあるというわけではなく、数か月に一度の間隔で起こることもあるので、あまりとらわれないようにすることも大切です。
ストレスになってしまうことで、さらにホルモンバランスに影響が出てしまうこともあるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵後の下腹部痛が続くときには
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に起こるチクチクした下腹部痛の原因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後の右下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。