生理後 下腹部痛 チクチク

生理後にチクチクとした下腹部痛

スポンサーリンク

 生理前には下腹部痛が発生することが多くなっていますが、生理が終わった後には、これらの症状は消えるようになっています。
しかし生理後にもこのようなチクチクとした下腹部痛が続くことがあります。
生理後にもまだ症状が続くということになれば、何か大きな病気の可能性があるのではないかと心配になってしまいます。
生理中はたくさんの女性が下腹部痛や腰の痛みなどを感じるようになっています。
これは生理痛といわれるものです。
しかし生理後も生理の時のような下腹部痛が続くことは珍しいことではありません。
しかしこの場合のチクチクとして痛みに関しては、生理痛とは異なった原因があるので注意が必要となります。
また妊娠の化膿晴雨もあるので注意をする必要があります。
生理中に発生する痛みに関しては、プロスタグランジンという物質が分泌されることが関係しています。
この物質には子宮を収縮させて経血の排出を促してくれるようになっています。
この子宮が収縮するときにチクチクとした痛みを感じるようになっています。

スポンサーリンク

生理が終わったときには、この子宮収縮が止めるようになっているので、下腹部痛が消えるというのがほとんどとなっています。
したがって生理の後に発生する痛みに関しては、何らかの病気の可能性も考えられます。
ここで考えられる原因としては次のようなものがあります。
まずはホルモンバランスの乱れになります。
生理周期はエストロゲンとプロゲストロンという2つの女性ホルモンが大きく関係しています。
しかし毎日の生活の中でストレスや疲れがたまってしまうと、これらのホルモンバランスが乱れて痛みが続いてしまうことがあります。
このほかに考えられるのは排卵痛になります。
生理が終わってから1週間から10日程度で排卵が行われるようになっていますが、この時期に卵巣が腫れた状態でここから卵子が飛び出すようになっているので、その衝撃で下腹部が痛くなったり卵巣付近が痛くなったりというような症状を感じることがあります。
また婦人科系の疾患が隠されているという可能性もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。