排卵後 右下腹部痛

排卵後の右下腹部痛について

スポンサーリンク

下腹部に痛みを感じるということがあります。
普通の腹痛とは少し異なったような痛みを感じることがありますが、この場合には排卵が関係していることがあります。
生理前にはこのような痛みを感じることがありますが、いつもとは少し異なると感じたときには卵巣痛の可能性があります。
卵巣痛とはどのような症状が体に現れるようになっているのかというと、毎月ある生理痛とは少し異なっています。
生理痛の場合には下腹部に強い痛みを感じることがありますが、卵巣痛の場合にはチクチクとしたような痛みが発生するというのが大きな特徴となっています。
卵巣は人間の左右両方についています。
したがって右下腹部に痛みが発生することがあれば、左側に痛みが発生するということもあります。
また右下腹部痛の場合には左側とは異なった痛みとなっています。
子宮と非常に近いところにあるので、卵巣ではなく子宮に何らかの痛みが発生しているということも考えられます。

スポンサーリンク

このような卵巣痛が発生するのは、生理前の排卵の時か妊娠初期にというのが多くなっています。
したがって排卵後に痛みを感じることもあります。
排卵後は子宮に大きな負担かかかりやすくなっているので、卵巣と子宮が大きく変化するようになっています。
したがって卵巣痛を感じたときには、妊娠の可能性があるのか、排卵後であるのかというような判断をすることが必要になります。
排卵に伴う痛みが主に現れるようになっていますが、排卵の前後3日間程度発生するようになっています。
排卵痛とも呼ばれることがあります。
痛みを感じる場所は個人差がありますが、右下腹部痛を感じることもあります。
このようなときに考えられる原因としては、女性ホルモンの影響で卵巣が腫れているということが考えられます。
右下腹部痛を感じたときには、痛みを感じる方とは反対側を下にして横になると痛みがやわらぐようになっています。
しかしあまりにも激しい痛みは病気の可能性もあるので病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵後の下腹部痛が続くときには
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に起こるチクチクした下腹部痛の原因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に下腹部痛や腰痛が起こることもある
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。