生理予定日 1週間前 下腹部痛

生理予定日の1週間前に起こる下腹部痛

スポンサーリンク

 生理予定日が近づくと、下腹部痛を感じる方がいます。
また、お腹がゆるくなったり、逆に便秘になったりと、生理予定日の1週間前は体の変化に敏感になります。
これらの症状は、排卵痛やPMS(月経前症候群)の症状の一つです。
これ以外にも、精神的なイライラや気分の落ち込みを感じる方もいます。
PMSは、生理がはじまれば自然と収まっていくものですが、生理中の生理痛も合わせて、1か月のうちの約半分は何かしら不調を抱えている女性が多いということです。
生理痛やPMSの予防に、普段から規則正しい生活をすると良いとされていますが、具体的にどんな対策をとっていますか。
体を冷やさないようにする、甘いものを控える、運動をする。
簡単なようで、なかなか守るのが難しいと感じる方も多いでしょう。
けれど、あまりに生理前の精神的・肉体的不調が続くようなら、まずは普段の生活から見直してみましょう。
また、生理痛の重い人は、検診を受けることも大切です。

スポンサーリンク

生理予定日の1週間前から感じる、下腹部痛。
ひどいときには半日ほど動けないことも。
そんな時は、ただ時が過ぎるのを待って、やり過ごすという方も多いのではないでしょうか。
休日ならまだしも、仕事を休めない・・・という方は薬の力も借りて、乗り切っています。
この生理1週間前の下腹部痛や、不調を何とかしたい。
できる対処はどんどん試して、自分に合った方法を探しましょう。
お風呂にゆっくり浸かってリラックスする。
お気に入りの映画を見て、ストレス発散をする。
ちょっと贅沢なランチやディナーを楽しむ。
アロマの香りで優雅な気持ちになってみる。
方法はたくさんあります。
あなたに合ったやり方で、まずは体と心をリラックスしてみましょう。
普段の生活から、体を積極的に温めたり、冷たいドリンクを飲みすぎないようにしたり、適度な運動をするなど、ちょっとした積み重ねで生理前後の不快な症状も改善されるかもしれません。
まずは簡単なことから、徐々にはじめてみてはいかがですか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理の1週間前くらいから起こる下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前のチクチクした下腹部痛の原因と対処法について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前の下腹部痛と鈍痛についいて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理2週間前の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理が遅れ下腹部痛があるのに妊娠検査薬は陰性
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。