妊娠初期 左下腹部痛

妊娠初期の左下腹部痛について

スポンサーリンク

妊娠初期には体の中でさまざまな変化が発生するようになっています。
とくに妊娠初期には子宮の痛みや左下腹部痛や両方の卵巣に痛みを感じるというように、お腹が痛くなることが多くなっています。
また左下腹部痛とは違い、お腹の張りを感じるという人も多くなっています。
この時に子宮よりも下の方にある恥骨が痛いと感じることもあります。
妊娠初期にこのような痛みが発生しているという場合には、しばらく安静にするということが大切です。
そのなかで様子を見るようにします。
出血や強い痛みを伴うという場合には、すぐに産婦人科を受診するようにします。
このように妊娠初期の左下腹部痛にはいくつかの原因が考えられています。
それは子宮の成長が関係しているものと、周りの靱帯が引きつったり痙攣しているということが考えられています。
また卵巣が腫れているということが痛みの原因となっていることもあります。
このようにさまざまな原因があると考えられています。

スポンサーリンク

この中で子宮の成長が関係している痛みに関しては、子宮が成長する中で、周りの臓器や組織が圧迫されることで発生するようになっています。
どのような症状が現れるようになっているのかというと、締め付けられるような痛みや収縮するような痛みを感じることがあります。
このような症状が現れたときには、安静にして様子を見るようにします。
外出中の場合には椅子などに座って休むようにします。
横になるという人がいますが、この場合は痛みがある方を下にして寝ると楽になります。
周りの靱帯の引きつりや痙攣が関係していることがあります。
これは子宮が大きくなることで、子宮を支えている靱帯が引きつったり痙攣を発生させて痛みを感じるようになっています。
一時的な痛みが多くなっているので、しばらく安静にして様子を見るようにします。
妊娠することで卵巣が腫れることがあります。
その結果痛みを発生させてしまいます。
この場合左下腹部痛や両方の下腹部痛などがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期の出血なしの下腹部痛は丁寧に様子を見よう
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のチクチクした下腹部痛の原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の下腹部痛や鈍痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のくしゃみと下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠超初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠後期のズキズキとする下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。