生理後 下腹部痛 左

生理後の左の下腹部痛について

スポンサーリンク

 生理後にお腹の痛みを感じるという人がいます。
生理中にはお腹が痛いというような症状を訴える人が多くなっていますが、生理が終わった後でもこのような症状を感じているという人が少なくありません。
生理初日や2日目という場合にはとくに大きな問題はありませんが、生理3日目から生理後に左側に下腹部痛を感じるという場合には注意が必要となります。
下腹部痛というのは妊娠超初期症状の一つとなっていますが、妊娠の可能性が実際にあるのかが気になります。
子宮の痛みが関係している左の下腹部痛という場合には、子宮内膜症の可能性が高くなります。
したがって生理後の下腹部痛の原因や対処法をしっかりと理解しておく必要があります。
なぜこのような症状が体に現れるのかというと、それはホルモンバランスの乱れが関係しています。
分泌量が増えていた黄体ホルモンが減少し、生理後は卵胞ホルモンの分泌量が増えることが関係しています。
このような女性ホルモンの分泌の変換をしっかりと行うことができないので痛みが発生します。

スポンサーリンク

このほかに考えられることは排卵痛です。
排卵痛に関しては左側だけに発生するというものではありません。
左右のどちらにも痛みを感じる可能性があります。
病気が関係していることもあります。
この場合婦人科系の病気となります。
子宮内膜症や子宮筋腫や卵巣腫瘍というものが代表的な病気となっていますが、このほかに性病や細菌感染症によっても痛みが発生することがあります。
これらの病気では下腹部痛を感じるようになっていますが、生理痛がいつもよりもひどかったり出血量が多いというような症状が同時に現れるようになっています。
したがっていつもの生理と様子が異なるという場合には注意が必要です。
下腹部にチクチクとしたような痛みを感じる場合には、子宮内膜症の可能性が高くなります。
子宮内膜症が原因となっている癒着よって、卵巣と子宮やお腹の膜などがくっついてしまいます。
そして卵巣付近に痛みを感じるようになっています。
また妊娠の可能性が全くないということはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。