生理後 下腹部痛 張り

生理後の下腹部痛や張りについて

スポンサーリンク

 生理後にお腹の張りや痛みを感じることがあります。
このような下腹部痛やお腹の張りに関しては決して珍しいことではありません。
多くの女性が経験していることになりますが、基本的には生理後には下腹部痛などの症状は消えるようになっています。
生理後の下腹部痛やお腹の張りに関しては、月経痛が原因となっていることが多くなっていますが、決して安易に考えないようにします。
それはなぜなのかというと、子宮内膜症の可能性もあるからです。
とくに下腹部の痛みに関しては注意が必要になります。
これは子宮内膜症の痛みと同じようなものとなっています。
そこで気になるのがどのように判断をすればいいのかということです。
子宮内膜症の症状はどのようなものがあるのかというと、これは一番として生理に関係なく症状が現れるということになります。
しかしこの時期が生理前や生理中の痛みと似ているということから、生理に関係していると考える人が多くなっています。

スポンサーリンク

このように生理に関連していると決めつけてしまうことで、子宮内膜症であると判断をすることができなくなってしまうことがあります。
生理による痛みにはどのような特徴があるのかというと、子宮内の膜が剥がれ落ちて出血することに関係しています。
しかし生理の時期ではないのに下腹部痛があるというようなときには、子宮内膜症の可能性があると考えるようにします。
このほかに性行為を行った後に痛みが発生するということがあります。
この場合にも子宮内膜症の可能性を考えます。
原因として考えられることは、性行為をすることで体の一部分が圧迫されてしまうということが関係しています。
この時に痛みが肛門の近くまで広がってしまうということがあります。
このような場合にはさらに注意をしなければいけません。
子宮内膜症によって体の中に組織が残ってしまいますが、この組織に関しては時間が経つと共に増えていきます。
これによって性行為で体が圧迫されてしまう部分が増えてしまうので痛みが発生するようになっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。