高温期 下腹部痛 原因

高温期の下腹部痛と原因について

スポンサーリンク

 妊娠初期に子宮の周りに痛みを感じるというような人がいます。
下腹部痛と言われることもありますが、下腹部痛に関しては、人によって痛みの感じ方や原因が異なっているので、個人差があるというのが現状です。
しかし基本的には女性の体が妊娠をするための準備期間に入っていると判断することができます。
受精卵が子宮に着床するまでには一定の期間があります。
この期間は約1週間前後となっています。
子宮内膜に受精卵が着床することで、妊娠成立と判断することができます。
妊娠初期には下腹部痛の症状が現れるようになっています。
子宮の周辺が引っ張られるような痛みがあったり、生理痛に似たような鈍痛があるというようなことが多くなっています。
なぜこのような痛みが発生するのかの原因に関しては、赤ちゃんが成長しやすいように子宮が少しずつ大きくなっているということがあります。
また子宮への血液量が多くなり、この時の違和感が下腹部痛として表れていると考えられています。

スポンサーリンク

また足の付け根や恥骨に圧迫感が出て痛みを感じるというような人もいます。
このような痛みはいつ発生するのかというと、それは高温期となります。
基礎体温を付けているという人は高温期と低温期があるということを理解していますが、基礎体温が高温期に入ってから1週間後に始まるという人が多くなっています。
しかし下腹部痛が始まってから1ヶ月が経過すると、体がこの変化になれてくるということで、自然と痛みが解消されるようになっています。
原因としてはホルモンバランスの乱れということも考えられていますが、痛みの対策としては激しい運動は避けてストレスを減らすように心がけます。
このほかには普段の作業を少し減らしてできるだけゆったりとした生活を送るようにします。
痛みが強いという場合には、無理をしないように心がけます。
体が冷えて血行不良になると痛みの原因となってしまうので、冷たい飲み物を避けてお腹を温めるようにすると症状が和らぎます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

高温期4日目の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
高温期3日目の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。