高温期 3日目 下腹部痛

高温期3日目の下腹部痛について

スポンサーリンク

 女性は基礎体温を毎日つけていると、高温期と低温期という時期に分かれていることを確認することができます。
また妊娠を希望しているという人は、基礎体温を付ける方が妊娠しやすい時期をしっかりと把握することができるようになっています。
そのなかで高温期が始まったときには、妊娠を望む女性の場合にはいつもとは異なった症状がないかということが非常に気になります。
高温期が3週続くと妊娠の確率が高くなると考えられています。
しかしこの時期が始まってすぐに妊娠の兆候を感じたというような人もいます。
そこで妊娠3日目に考えられる症状とはどのようなものかが気になります。
高温期3日目の主な症状としては、体温の変化ということがあります。
この時の体温はいつもの体温よりも0.3度から0.5度高くなっているという傾向があります。
しかし妊娠をしていると、この体温よりもさらに高くなっていることを確認することができます。
熱っぽさを感じたり手足が熱くなったり、このほかにはだるいというような症状を感じるようになっています。

スポンサーリンク

このほかに高温期3日目に感じる症状としては、貧血やめまいがあります。
これは胎児に栄養を吸い取られるからです。
また下腹部痛を感じる人が多くなっています。
妊娠している場合には着床痛は発生するようになっており、これが下腹部痛として体に現れるようになっています。
下腹部痛の特徴としては、子宮の周辺がチクチクと痛むようになります。
また下腹部が重たいというように感じることもあります。
高温期3日目にはこのほかにも情緒不安定になることがあります。
これは自分の意志とは関係なく感情を抑えることができなくなってしまうことです。
とくに理由がないにもかかわらず、不安に襲われるような情緒不安定の状態に陥るということがあります。
これらの症状に関しては妊娠初期症状なのか心配になる人もいますが、実際には妊娠をしていなくても現れる症状となっています。
生理前の症状として表れることもあります。
したがってそれをはっきりとさせるために基礎体温を付けるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

高温期4日目の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
高温期の下腹部痛と原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。