下腹部痛 下痢 血便

下痢と血便を伴う下腹部痛の原因と対処法

スポンサーリンク

 腹痛というのは誰にでもよくあることです。
お腹の調子が悪いときには下痢をすることもあります。
しかしながらその便に血が混じっているとしたら、腸の病気の可能性があるので注意が必要です。
下腹部痛に下痢を伴っていて、なおかつ血便も見られる病気にはいろいろな種類があります。
便に混じる血の色は病気の種類を見分けるための大雑把な目安です。
色が鮮血だとしたら原因が腸ではなく、痔の可能性が高くなります。
日頃から痔を患っていて排便時に肛門の痛みを感じるという人なら、便に血が混じっていてもそれほど心配することはありません。
そうは言っても、痔だと思って油断していて大腸の病気の発見が遅れるケースもあります。
大腸でも肛門に近い部分に炎症や潰瘍ができているとしたら、鮮血が便に混じることもあるのです。
便に混じる血の色が赤黒いというケースでも潰瘍性大腸炎の可能性があります。
大腸の粘膜に発生した潰瘍からの出血で便全体が赤黒くなり、白い粘液が付着している場合もあります。
このような症状が見られたら消化器内科を受診する必要があります。

スポンサーリンク

虚血性大腸炎でも赤黒い血が便に混じります。
左下腹部痛に下痢を伴っていてそうした血便が見られるようならこの病気が疑われますが、たいていは数日で症状が収まるものです。
血便が何日も続くようなら悪化している可能性がありますので、やはり消化器内科を受診して医師に相談するといいでしょう。
大腸憩室症という病気も赤黒い血便の見られる代表的な例です。
腸壁が袋状に飛び出した状態が憩室と呼ばれますが、通常は症状がありません。
袋の部分が炎症を起こすことで下腹部痛や下痢・血便といった症状が発生します。
便秘がちの人に発症例の多いのも特徴の1つです。
この症状を繰り返す場合は手術をして袋状の部分を切除することにより改善できます。
大腸のポリープができている場合でも便に血が混じることがあります。
ポリープそのものから出血をしていると言うよりも、ポリープの存在によって排便が難しくなっているために出血の原因となるのです。
排便難によって便が硬くなり、腸が傷つきやすくなります。
似たような症状では大腸がんでも血便が見られますから、下腹部痛や下痢を伴っているようなら病院で検査を受けた方がいいでしょう。
そうした病気にならないためにも、日頃から便通をよくしておくことが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便秘があってもなくても、女性の右下腹部痛には要注意です
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
左下腹部痛には便秘が原因のこともあります
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。