排卵後 下腹部痛 原因

排卵後の下腹部痛の原因について

スポンサーリンク

 女性は排卵を行って妊娠をすることができるように準備を行っています。
この排卵後に腹痛を感じることがあります。
排卵後に下腹部痛を感じることが多くなっていますが、この下腹部痛にはいくつかの原因があります。
排卵日には不快な症状を感じることが多くなっています。
また女性ホルモンの変化によって下腹部痛などの排卵痛や基礎体温の変化や卵膜が破られるということで発生する少量の出血も見られるようになっています。
このほかには体重が増加するというような人も少なくありません。
お腹がずきずきと痛んだりというような症状を感じる人がいますが、排卵後は下腹部全体に痛みを感じるという人や、左右のどちらかに痛みを感じるという人もいます。
なぜこのような症状が現れるのかの原因に関しては、卵胞から卵子が飛び出すときに出血が見られ、この出血が腹膜を刺激することで痛みが発生していると考えられています。
これは腰痛や下腹部痛直どの症状がありますが、定期的に発生するようになっています。

スポンサーリンク

この痛みに関しては当日中であったり数日で治まるようになっていますが、卵巣ガンが関係していることもあります。
この場合には痛みが激しくなっています。
卵巣ガンが原因となっている場合には、持続性があるということで、排卵痛とは異なっています。
また痛みに関しては腹痛を感じるという人もいれば全く感じないという人もいます。
基礎体温を付けているという人がいますが、排卵分と腹痛があっているということであれば、判定基準にして妊娠に向けての準備をすることができます。
排卵日付近には下痢などの症状が現れるという人がいます。
それはなぜなのかというと、たくさんのホルモンが作用するようになっているので、腸の働きが不安定になりやすいからです。
逆に便秘になってしまうという人もいます。
頭痛や吐き気というような症状が現れることもあります。
さまざまな症状が現れることがあるので、自分で制御をすることができないという場合には、我慢をせずに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵後の下腹部痛が続くときには
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に起こるチクチクした下腹部痛の原因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後の右下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
排卵後に下腹部痛や腰痛が起こることもある
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。