妊娠超初期 左下腹部痛

妊娠超初期の左下腹部痛について

スポンサーリンク

妊娠をしているかどうかまだわからないというような時期に、体に何らかの異変を感じることがあります。
このような時期のことを妊娠超初期といいますが、妊娠超初期に体にあらわれる症状として腹痛があります。
腹痛とひと言で言ってもさまざまな症状がありますが、とくに左下腹部痛を感じることがあります。
下腹部というのは、子宮に非常に近いところになります。
したがって左下腹部痛が発生する原因として考えられるのは、子宮の変化による痛みとなっています。
妊娠をすると受精卵が子宮にっ着床するようにになっています。
そしてこの受精卵が成長する中で子宮がどんどん大きくなっていきます。
子宮が大きくなる中で、妊娠超初期には左下腹部痛が発生することがあります。
また妊娠することで女性の体はこのほかにも変化するようになっています。
その一つがホルモンバランスの変化となります。
とくに黄体ホルモンがたくさん分泌されるようになっています。
その結果下腹部痛を感じるようになります。

スポンサーリンク

ホルモンバランスの変化が痛みの原因となっている場合には、生理痛とよく似たような症状が現れるようになっています。
したがって生理が近くなったときにお腹が痛いと感じることがありますが、実際には妊娠をしていたというようなこともあります。
妊娠超初期に左下腹部痛が発生する原因としては、次のようなものもあります。
それは子宮を支えている子宮円索という組織が痛みを発生させているということがあります。
子宮円索は子宮の横から足の付け根方向に向かって伸びています。
そして子宮が大きくなる中で、この子宮円索が引っ張られて痛みを発生させるようになっています。
この時期に発生する痛みが危険なものであるかどうかを判断するためには、出血があるかどうかということになります。
子宮外妊娠などの可能性がある場合には、出血を伴うことがあります。
この場合すぐに産婦人科を受診するようにします。
出血がなくても痛みが続くという場合にも、産婦人科を受診するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の出血なしの下腹部痛は丁寧に様子を見よう
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のチクチクした下腹部痛の原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の下腹部痛や鈍痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のくしゃみと下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠後期のズキズキとする下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。