生理 2週間前 下腹部痛

生理2週間前の下腹部痛について

スポンサーリンク

 生理予定日というのをおおくの女性は把握しています。
これによって次はいつ生理が来るのかということを頭に入れて生活をすることができます。
そのなかで生理の10日前から2週間前くらいの時に、体調の変化を感じることが多くなっています。
このような体調の変化を誰もが感じたことがあります。
生理前になると体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、イライラしたり無性に悲しくなってしまうなどの症状があります。
このほかには下腹部痛を感じたり眠いというような症状が現れることもあります。
身体的な悩みも特徴的です。
これらの症状のことを、月経前症候群と呼んでいます。
生理が始まるとこれらの症状は消えて気にならなくなります。
2週間前から発生するイライラしたり下腹部痛があったり眠気や頭痛というような精神的、身体的な症状のことを月経前症候群といいます。
この月経前症候群に関しては、2週間前から始まるようになっていますが、生理が始まって2日から3日目頃がピークとなっています。

スポンサーリンク

症状がひどいという場合には、月経困難症とは異なる別の症状と考えることができます。
症状に関しては個人差があります。
しかし女性の約80パーセント程度の人が何らかの症状を感じるようになっています。
これはなぜ発生するようになっているのかというと、ホルモンのバランスによって発生するようになっており、性格が几帳面でまじめであったり、神経質というような人の場合には、とくに症状が現れやすい傾向があります。
なぜこの月経前症候群が発生するのかというと、黄体期に分泌されるプロゲステロンが関係していると考えられています。
このほかには妊娠の準備のために羊水や血液を作るため水分を排出しにくくなっており、これが乳房にたまると乳房の痛みを発生させるようになっています。
ホルモンの影響によって下腹部痛などの痛みが発生することもあります。
症状を改善させるためには、ストレスをためない規則正しい生活をすることが大切です。
自律神経の乱れを改善することも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理の1週間前くらいから起こる下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前のチクチクした下腹部痛の原因と対処法について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前の下腹部痛と鈍痛についいて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理が遅れ下腹部痛があるのに妊娠検査薬は陰性
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理予定日の1週間前に起こる下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。