生理後 下腹部痛 右

生理後の右の下腹部痛について

スポンサーリンク

 生理後には多くの場合下腹部痛は解消されるようになっています。
それは生理後は子宮収縮が行われないようになっているからです。
しかし生理後にも下腹部痛が続くというようなことがあります。
この場合には何らかの問題が発生している可能性が高くなります。
そこで右の下腹部痛を発生させる原因として考えられる原因としては、次のようなものがあります。
まずは子宮筋腫が関係しているというものと子宮内膜症が関係していることが考えられます。
このほかには卵巣嚢腫があるというような場合もあります。
子宮筋腫が原因となっている場合には、まずこの病気の特徴をしっかりと把握する必要があります。
右の下腹部痛があるという場合には、子宮筋腫の可能性も考えられますが、これは30歳以上常の女性の場合には4人に1人は発生しているという病気となっています。
筋腫の大きさはさまざまとなっています。
小豆のような大きさのものもあれば、こぶし大の大きさにまで大きくなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

具体的には体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、貧血やめまいや頭痛や便秘、このほかには頻尿や腰痛や右の下腹部痛となっています。
筋腫が大きくなって膀胱が圧迫されてしまうと、便秘や頻尿などの症状を引き起こすことになります。
また筋腫がある場所によっては右下腹部に痛みを感じることもあります。
子宮内膜症という病気がありますが、これも女性にはよく見られるものとなっています。
症状としては、下腹部痛や腰痛などがあります。
性交時痛や排便痛などが見られることもあります。
卵巣嚢腫という病気がありますが、これは卵巣に組織液がたまってれ大きくなり、その周辺の臓器を圧迫するようになってしまいます。
自覚症状が最初からあるということではありません。
しかし卵巣が大きくなると、腹痛や膨満感や頻尿、このほかには残尿感や便秘というような症状が現れるようになっています。
右の卵巣に異常が発生した場合には、右下腹部に痛みが発生するようになっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。