生理後 不正出血 下腹部痛

生理後の不正出血や下腹部痛について

スポンサーリンク

 生理が終わったのにまた出血した場合、様々な原因があります。
まず、ホルモンバランスが乱れている事が原因の出血です。
ホルモンバランスはストレスや体調が悪い時などに乱れやすく、また不規則な生活習慣などでも乱れてしまいます。
そのため、生活習慣を改善する事でホルモンバランスを整える事ができます。
例えば、偏った食事や過度なダイエットで食事制限をした場合ホルモンバランスが乱れる原因になります。
そのため、栄養バランスの良い食事をする事が大切です。
また、体を冷やす事もホルモンバランスが乱れる原因になるため日頃から薄着を避け飲み物は常温か温かい物を飲む事が大切です。
更に、睡眠をしっかりとる事やストレスをためない事も大切です。
ストレスが溜まった際には、趣味に没頭するなどしてストレスを発散する事が非常に大切です。
しかし、出血が長期間続く場合には病院を受診する事をお勧めします。
次に、子宮頸癌や子宮筋腫などが原因による出血です。

スポンサーリンク

子宮筋腫や子宮頸癌の症状は出血以外にも下腹部痛や排尿障害、貧血症状や月経痛などです。
しかし、症状には個人差があるため注意が必要です。
また、子宮内膜ポリープや子宮頸管ポリープの場合もあります。
子宮内膜ポリープの場合は、自覚症状がない場合が多いですが子宮頸管ポリープでは出血以外にも下腹部痛などを伴う事があります。
また、生理後7日〜10日程度に起こる出血は排卵出血の可能性があります。
排卵出血は、排卵期に起こる出血でその際にホルモンバランスが乱れるため起こります。
排卵出血が原因の出血であれば様子を見て問題ありませんが、ホルモンバランスが乱れている原因を確認する事が大切です。
このように、生理後の出血の原因は様々あります。
一般的に生理後以外の出血は不正出血と呼ばれています。
また、不正出血や下腹部痛は危険な病気のサインの可能性もあります。
そのため、不正出血があった際には自己判断せず病院に行く事をお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。