高温期 4日目 下腹部痛

高温期4日目の下腹部痛について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、基礎体温を付けているという女性は多くなっています。
これは自分の健康を管理することができるだけではなく、妊娠可能な時期を把握するための指標となっています。
したがって妊娠を希望しているという人は、基礎体温を付けるというのが望ましいです。
基礎体温を付けているとわかることですが、ここには高温期や低温期というものがあります。
そのなかで高温期4日目に妊娠の症状が現れるのかが気になります。
妊娠を希望している人にとっては、高温期に入ってからの体の変化が非常に気になります。
そして4日目に妊娠の兆候のような症状が体に現れたときには、着床したのではないかと期待をしてしまいます。
4日目の体はどのような状態になっているのかというと、受精から4日が経過した時期となっているので、着床に関して半分ほど経過したと考えることができます。
この時期の受精卵に関しては、細胞分裂を何度も行って変化しています。
子宮内膜へ着床する少し前ということになります。

スポンサーリンク

妊娠超初期症状というものがありますが、これは湯悪性をして体の中のホルモンバランスが変化することで発生するようになっています。
しかし高温期4日目というのはまだ着床前となっているので、明らかな症状が現れるということはありません。
しかしこの時期に下腹部痛や吐き気などの症状を感じた場合には、妊娠しているかもと期待をする人がいますが、下腹部痛や吐き気だけでは妊娠しているかどうかを見分けることは難しくなっています。
この時期は下腹部痛を感じやすくなっており、左右にチクチクとした痛みがあったり生理のような鈍痛を感じることもあります。
足の付け根が痛くなったり下痢や便秘になるというような人もいます。
妊娠初期の症状として下腹部痛がありますが、これだけでは判断することができません。
ここで大切なことは、高温期がどれくらい続くのかということです。
妊娠している場合どのくらい高温期が続くのかというと、16日以上でその疑いがあり、21日以上で可能性が高くなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

高温期3日目の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
高温期の下腹部痛と原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。