生理後 下腹部痛 原因

生理後の下腹部痛の原因について

スポンサーリンク

 生理が終わった後にも痛みが残ることがあります。
下腹部痛などの不快な症状が残ることがありますが、ここで考えられるいくつかの原因があります。
生理後に下腹部痛が発生するときに考えられる原因としては、ホルモンバランスの乱れがあります。
子宮収縮を促すプロスタグランジンというホルモンがありますが、これが分泌されることで痛みが発生するようになっています。
生理後には子宮収縮が行われないようになっていますが、下腹部痛がまだ続くというような場合には、ホルモンバランスが乱れている可能性が考えられます。
この場合にはプロスタグランジンの分泌量が変化しているということが考えられます。
このほかに生理後に痛みが続く原因としては、排卵痛の可能性があります。
これは生理が終了してから1週間から10日程度で表れるようになっています。
この時期に排卵が行われるようになっており、卵巣が腫れた状態となっているので、同時に痛みを感じるようになっています。

スポンサーリンク

排卵痛はすべての人に見られるというようなものではありません。
痛みを全く感じないという人もいれば、下腹部全体に重い痛みを感じるというような人もいます。
また片方の卵巣付近に痛みを感じるというような人もいます。
また何か病気が関係しているということも考えられます。
この時に考えられるのは婦人科系の病気となっていますが、生理後も下腹部痛を感じることがあります。
具体的には子宮内膜症であったり子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気があります。
このほかには骨盤腹膜炎や性病などさまざまな種類が考えられています。
婦人科系の疾患の場合には、生理痛がいつもよりもひどくなったり、性行為を行った後に痛みがひどくなるというような症状が特徴的です。
不正出血が見られたり月経量が多くなったときにも注意が必要となります。
したがって婦人科系の病気の可能性が考えられる場合には、生理中の経血の状態などにも注意をする必要があります。
病気の可能性がある場合には、婦人科を受診するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。