下腹部痛 不正出血 ストレス

下腹部痛と不正出血とストレスの関係

スポンサーリンク

 ストレスは、現代社会で様々な病気を引き起こします。
心と体のバランスが崩れ、脳に影響することもあります。
うつ病や躁うつ病、自律神経失調症、様々な精神病など危険な病気も多数あります。
心と体のバランスが崩れると色々な症状が出始めます。
最初は、本人も周囲の方も気づくことが難しく、病気は益々悪化して気づくことが多いです。
イライラしたり、憂鬱感が続いたり、やる気が起きなく1日中寝たり、食欲もなくなり睡眠も十分に取れずボーとする日が続くと病気のサインです。
また、心の変化だけではなく、体にも症状が出ます。
頭痛、吐き気、めまい、下腹部痛、腹痛、不正出血、血尿など様々な症状が出て悩むことになります。
心の症状で気分の変化では、病気に気づくことは難しいです。
また、自分は大丈夫と考えて我慢する方も少なくありません。
体に変化が見られ、ひどい方になると血尿や不正出血などで病院に行き、検査をするが異常が見当たらず、ストレスが原因と気づく方も多いです。

スポンサーリンク

特に女性は、下腹部痛や不正出血は、女性独特の病気の可能性も考えられ、とても不安になります。
少しの下腹部痛や不正出血でも病気を疑い病院へ行くことをお勧めします。
ストレスは、解消できないと溜まります。
すると様々な病気になります。
治療をすると症状は落ち着くので、早めの受診が良いでしょう。
心や体に変化が見られ、落ち着かないなどの症状がある場合には、病院へ行きましょう。
下腹部痛や不正出血のある時は、婦人科の受診をすることが良いです。
まずは、婦人系の病気を検査すると安心します。
異常がない場合には、心療内科や精神科などの受診が良いでしょう。
また、更年期になりますと更年期障害と言う一時的な病気もあります。
ストレスを溜めないように解消法を考えたり、気分転換をしたり、生活習慣を見直したり、何でも話せる家族や友人に話を聞いてもらったり、治療とは別に考えることも必要かもしれません。
家族や周囲の方の協力を得て治療をしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

下腹部痛で不正出血や鮮血がある場合の原因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下腹部痛があって茶色い不正出血が見られる場合の病気とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。