左下腹部痛 鈍痛

左下腹部痛と鈍痛について

スポンサーリンク

 お腹が痛いというような症状を感じることがあります。
しかしひと言で腹痛といっても、発生している場所や痛みの程度によって疾患が分けられるようになっています。
急にお腹が痛くなってきたというような経験をしたことがある人がいますが、そのなかでお腹の痛みが続いているということになれば日常生活で非常につらくなってしまいます。
また腹痛の症状で多くなっているのが、便秘と下痢が関係している場合となります。
チクチクするような痛みであったり、重く感じるというような鈍痛のこともあります。
また左右のどちらに痛みが発生するかによっても、原因が異なっています。
右と左のどちらに痛みが発生しているのかということも非常に大切となります。
右側の腹痛があるという場合には、虫垂炎の可能性があります。
左下腹部痛の鈍痛ということになれば、別の病気の可能性が高くなります。
左下腹部痛の鈍痛の原因として考えられるのは次のようなものとなっています。

スポンサーリンク

左下腹部痛の原因として考えられるのは、胃炎や胃潰瘍や急性や慢性膵炎となります。
このほかには下行結腸やS状結腸憩室炎などがあります。
急性腸炎や潰瘍性大腸炎の可能性もあります。
左下腹部痛の場合には、大腸に関する病気の可能性が高くなります。
大腸に関しては、炎症をしている部分によってさまざまな名前が付けられていますが、下痢や腹痛が続くという症状が多くなっています。
逆に左側の上腹部の痛みがあるという場合には、心臓に近いということで、心臓に痛みが発生している可能性もあります。
鈍痛の場合の対処法は次のようになっています。
鈍痛が続く場合には、痛むところによって対処法が異なっています。
生理中という場合には、お腹を温めるという方法が効果的です。
胃酸が原因となっている場合には、コップ1杯の水を飲むと胃酸を薄めることができます。
これによって痛みを軽減させることができます。
鈍痛が続くという場合には、内臓の病気の可能性もあるので、病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

左側のチクチクした下腹部痛は、左に位置する臓器も影響します
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。