生理後 下腹部痛 腰痛

生理後の下腹部痛や腰痛の原因と対策について

スポンサーリンク

【人により生理後の症状は異なる】一般的には生理は5日から7日間で周期により毎月訪れますが世の中には沢山の女性がおり、生理不順の人もいれば順調すぎて出血が多い人もいます。
よく女性の生理で悩みとされるのが「生理後」の症状です。
吐き気を催したり、下腹部痛や腰痛に襲われる事もあります。
これは子宮と出血が関係しているもので、軽い程度であれば普通に生活するのに支障はないものの、酷い人は歩く事もままならない場合があります。
これは子宮のサイズや体型にも関係しています。
身長が低いのに対し、出血が多い人は体から必要な体力や血が奪われ普段よりも活動しづらくなります。
逆に身長が高く生理も順調なのに生理後に腰痛に悩まされる場合もあります。
遺伝や体格、ホルモンバランスや体温など生理と生理後の体調には様々な事が関係しています。
パズルのようにどれかが欠けてしまえば体調がすぐれず、薬を飲んでも効かない場合だってあるのです。

スポンサーリンク

では生理後の下腹部痛や腰痛を解決するためにはどうしたら良いのかを考えていきます。
まず「下腹部痛」の場合ですが、子宮内の運動が活発になり不安定な状態になるため無理に体を動かさない事です。
激しい運動や登山などはなるべく控えるようにしましょう。
薬を飲んで回復するのであればそれに越したことはないですが、下腹部をゆたんぽで温めたり、体を冷やさないようにするだけでも体調は少しは改善します。
また暖かい飲み物も効果的です。
寝る前や朝など手足や下半身が冷えやすい時間帯に暖かいものを体内に入れることでリラックス効果だけでなく体の温度を「心地よい」状態にしてくれます。
また、腰痛の場合も同様です。
ホルモンバランスの乱れで歩いたり階段の上り下りが苦痛に感じる時は無理に外を出歩かない事です。
仕事や用事は仕方のない事ですが、対策としてはサポーターを付けたり骨盤を押さえるバンドなどが良いでしょう。
体が歪みやすい状態になっている生理後には特に効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理後にチクチクとした下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛の原因について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の不正出血や下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の右の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の下腹部痛や張りについて
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理後の左の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。