生理前 下腹部痛 鈍痛

生理前の下腹部痛と鈍痛についいて

スポンサーリンク

 生理前には腹痛を感じることがあります。
このほかには精神的にイライラしたり食欲が増加したり眠気を感じるようになるというようなさまざまな症状が現れるようになっています。
このような生理前の体に現れるさまざまな症状のことを、月経前症候群といいます。
生理前の下腹部痛の原因として考えられることは、子宮内膜から分泌されるというプロスタグランジンという成分が関係しています。
これが下腹部痛の原因となっています。
生理前にはプロスタグランジンがたくさん分泌されるようになっています。
またこの物質が子宮の収縮を促して、経血を体の外に排出するということを行っています。
プロスタグランジンの分泌量が増えるということは、子宮の収縮が強くなるということで、その結果下腹部痛が引き起こされるようになっています。
このほかに現れる症状としては、子宮の辺りにチクチクとした痛みを感じたり、下腹部が引っ張られるような痛みを感じます。
恥骨の周辺に鈍痛を感じることもあります。

スポンサーリンク

このように生理前にはさまざまな症状が体に現れるようになっています。
上手に対処をしなければ、この期間は不快な気分のまま過ごすということになります。
また鈍痛などの痛みの症状に関しては、妊娠超初期の症状と似ていると考えられています。
妊娠超初期の腹痛に関しては、時間の経過と共に痛みがなくなってきます。
高温期が2週間以上続いていたり着床出血があるというような症状が現れたときには、妊娠の可能性が高くなります。
しかしここで慌てずに焦らず、ゆっくりと経過観察をするようにします。
腹痛を感じることがありますが、このような痛みが発生してから1週間から10日程度経過すると、生理開始予定日の1週間後となります。
この時期になっても生理がこないということになれば、妊娠をしている可能性も考えるようにします。
生理開始予定日の1週間後には、妊娠検査薬を使うことができるようになっています。
いずれの場合にも生理前には下腹部痛などの鈍痛があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理の1週間前くらいから起こる下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前のチクチクした下腹部痛の原因と対処法について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理2週間前の下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理が遅れ下腹部痛があるのに妊娠検査薬は陰性
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理予定日の1週間前に起こる下腹部痛
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。