妊娠初期 下腹部痛 鈍痛

妊娠初期の下腹部痛や鈍痛について

スポンサーリンク

 妊娠初期に下腹部痛や鈍痛を感じる方は多くいます。
特に初めての妊娠では様々な不安を覚える方は多いと思います。
妊娠初期の下腹部痛や鈍痛の原因は様々あります。
まず、妊娠により子宮が大きくなる事が原因の場合があります。
これは、赤ちゃんが成長しやすい様に子宮が大きくなるため、臓器や骨を圧迫するからです。
また、子宮への血流が多くなる事で下腹部痛が起こる場合もあります。
一般的に妊娠初期の腹痛は基礎体温が高温期に入って1週間目〜1ヶ月ぐらいで自然と治って行く場合が多いです。
しかし、1ヶ月以上痛みが続く方や我慢出来ない場合は我慢せず病院を受診する事をお勧めします。
また、妊娠初期には下腹部痛や鈍痛以外にも様々な症状あります。
例えば、基礎体温の高温期が続く場合や胸が張る場合です。
また、眠気や普段食べない物が食べたくなる場合です。
そのため、下腹部痛だけ妊娠しているかどうかを判断するのではなく他の症状も確認する事も大切です。

スポンサーリンク

また、生理痛の様な痛みやお腹から腰にかけての痛み、お腹が引っ張られる様な痛みなどは妊娠初期によく見られる症状ですが、長く続く場合は他の原因も考えるため早急に病院を受診する事が大切です。
また、便秘が原因の場合もあります。
これは、子宮が大きくなる事で腸が圧迫され排便がスムーズに出来なくなる事が原因です。
長期間便が出ない場合はかなり激しい腹痛を伴う事もあります。
便秘で病院を受診する事に抵抗がある方は多いかもしれませんが、腸内環境を整えるためにも早めに受診する事をお勧めします。
しかし、非常に強い下腹部痛がある、痛みが継続して続く、締め付けられる様な痛みがある場合には流産の可能性があります。
この場合は、一刻も早く病院を受診する必要があります。
また、流産の症状は出血や頭痛、つわりがなくなるなどの症状があります。
早めに病院を受診すれば妊娠を継続出来る可能性もあります。
そのため、この様な症状が出た場合は必ず病院に行く事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の出血なしの下腹部痛は丁寧に様子を見よう
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のチクチクした下腹部痛の原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期のくしゃみと下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠超初期の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中の左下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠後期のズキズキとする下腹部痛について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。