お腹が張る 腰痛

お腹が張ることで腰痛が起きているなら

スポンサーリンク

 腸内にガスがたまることで、お腹が張ることが分かっていますが、人によっては腰痛になっていることもあり得ます。
腰痛になってしまうのは、お腹が張ることで腰の筋肉が緊張してしまい、痛みが発生します。
ただし、お腹が張るという症状は、重い病気が関わっていることもあります。
症状が繰り返し起きているならば、一度病院で調べてもらったほうがいいです。
腰痛が起きる原因は、筋肉の緊張によるものですがお腹が張る状態を改善できれば痛みがでることはないはずです。
腸内にたまるガスは、食事などの際に空気をたくさん飲みこむ、または必要以上に多く食べるか、ガスを多く発生させやすい食品を多く摂取してしまうことです。
普段から気をつければ、ガスがたまりにくい状態にすることができます。
そうなれば、腰痛になる可能性も減らせます。
たまったガスを抜くためには、腸内の活動が正常に行われていなければいけません。
そのためにも、食べすぎないようにして胃腸の負担を減らす必要があります。

スポンサーリンク

 

ストレスなどによって、体が緊張状態だと胃腸の動きが悪くなります。
そうなれば、ガスがたまりお腹が張る可能性が高いです。
腰痛になってしまう可能性も高めてしまうので、リラックスすることも必要です。
普段の生活習慣を改善していくことも忘れてはいけません。
胃や腸が問題なく動いていれば、腸内にガスはたまらないのでお腹が張ることはありません。
食生活の改善も必要ですが、運動や睡眠をきちんと行えば体は健康になっていきます。
ただし、ひどい腰痛になっている時は無理に体を動かしてはいけません。
腰の筋肉が緊張してしまっているので、まずは緊張を解く必要があります。
ゆっくりと体を動かして、筋肉をほぐしてみるとよいです。
緊張による痛みであれば、リラックスすれば改善していくはずです。
睡眠をとり、ストレスを減らしていけば体は問題なく動いていくものです。
症状がひどいならば、医療機関を利用しておくことです。
地道に改善しつつ、治療を受ければ腰痛に悩むことはないはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張る症状と腰が痛いときの病気について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ることや腰痛は病気の可能性もあります
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る上に腰痛や腹痛があるなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ると腰が痛い要因と腰痛対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下痢、便秘、腹痛、腰痛、お腹が張るなどが2週間以上続いたら注意
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。