お腹が張る 妊娠初期 腰痛

妊娠初期の腰痛とお腹が張ることの関係性について

スポンサーリンク

 女性の方が妊娠すると、精神や身体に色々な変化が発生します。
妊娠初期の特有の症状として、お腹の張ることがあります。
お腹が張ることは、子どもがお腹にいると育てることが理由となり子宮が伸びます。
また腰痛の症状も見受けられます。
時間を掛けておなかが一回り大きくなるにつれ、姿勢性の腰痛の特有の症状がでます。
これに関してはエストロゲンや、プロゲステロン、或いはリラキシンの関係で、背骨の関節、あるいは靱帯がゆるんで、骨盤が不確かになり、姿勢のキープや矯正が困難になることや、妊娠したことによって身体の重心の変容によって、お腹を前面にだし、腰をそらせたからだの状態となることなどが腰痛の原因と指摘されています。
その他の要因として便秘が想定されます。
女性の方は赤ちゃんがお腹にいると黄体ホルモンが機能し、流産を阻止するため子宮収縮を減じ、筋肉をゆるゆるにします。
そうなると、胃腸の活動も弱り便秘に掛かり易くなります。
便秘を患うと、腸に滞留した便よりガスが出されます。
その結果、腹部にガスがたまることになります。
そして、お腹が張ることになります。

スポンサーリンク

 

腹部にガスがたまらなくなる手法としまして、まず第一に、食事の摂り方があります。
1口口に入れると30回を超えて時間を掛けて念入りに噛むことによって、空気を大量に取りいれないことからガスがたまらなくなるのです。
加えて冷たくなった飲料水は、人体を冷やし、腸の活動を損ねるため温かくしている飲料水を飲用することを意識しましょう。
以上のように、体を温かくすることは、妊婦の身体においては非常に重要になります。
加えてストレスを感じにくい運動も賢明でしょう。
近所を歩行したり、ウォーキングをすると、腸の活動が活動的になりガスが出易くなります。
それから、ストレスについても要因になるので、妊婦としての生活を始めたら、状況が許す限りストレスを回避する日々の生活に留意して下さい。
お腹が張るのに加えて妊娠初期は、頭痛や、嘔吐など少なくありません。
充足された妊娠初期の生活を過ごすためにも、腹部にガスが蓄積されるのを防ぐことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期症状、お腹が張るときの原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中期にお腹が張る原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊婦のお腹が張る原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠すると腰痛やお腹が張る症状が現れる
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。