食後 お腹が張る 病気

食後にお腹が張る主な病気について

スポンサーリンク

 急激にお腹が張るというような特有の症状で苦悩しているという方もいるでしょう。
お腹が張る要因として一番目につくのが暴飲暴食が影響して、食後に起きるものです。
いつもどおりに食事を摂っているなら構わないのですが、一気にたくさんの食べ物が胃に入り込むと消化しきれなくなります。
そうするととくに食後にお腹が張った感覚に見舞われることが多いといえます。
食後でいきなりお腹が張るというようなケースは、食べすぎが引き起こしている可能性が大きくなります。
この他に、腸内にガスが集結されている場合も腹部が張った状態になります。
イモ系統の摂りすぎや炭酸飲料の飲用し過ぎなどは、腹部が張る原因となることが想定されます。
そういう状態を整えるには、張っているポイントを温かくすることが重要になります。
身体をあたためることは、そのような箇所の血の巡りが改善されて活動が快活になります。
加えて、スポーツをするのも効き目のある手段です。

スポンサーリンク

 

多くのケースについては、突如お腹が張るなどの特有の症状が現れたとしても、それは食事内容に問題がある場合があります。
しかしながら、その中には、病気の症状の一例であるケースがあります。
いきなり腹部が張る症状が現れる病気として、腸閉塞が想定されます。
腸がねじれたり、非常に強い圧力が加わることで、腸が目詰まりしてしまう病気であり、食物が出されなくなることから腹部が張った特有の症状が出現します。
同時に非常に強い嘔吐を催すこともあり、腸閉塞は放ったらかしにしていても自然回復する病気ではありませんので医療機関に行って適正なケアを受けることが必要になります。
腸でなく胃の病気の場合でもいきなり腹部が張る症状が現れることもあります。
いわゆるピロリ菌が胃に入ったことで引き起こされる胃潰瘍もその1種であり、非常に強い痛み、あるいは胸焼けを感じることがあります。
早期発見すれば手術の必要がなく薬による治療もできます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

食後にお腹が張る原因と対策
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
食べ物などのお腹が張る要因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張るなどの症状で食欲がないときの対処法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。