お腹が張る ガス 腰痛

ガスでお腹が張ることによる腰痛の対策

スポンサーリンク

 ガスがたまってお腹が張るという経験がある人は多いのではないでしょうか。
不快感や腹痛だけでなく、オナラが頻繁に出てしまい恥ずかしい思いをすることもあります。
さらに、お腹の張りが原因で腰痛になることもあります。
お腹の中に溜まったガスが、血管を圧迫することで腰痛が起きるのです。
では、ガスでお腹が張るというのはどのようなことが原因なのでしょうか。
お腹の中でガスが発生するというのは、食べ物を食べたあとで消化活動が行われているということで普通のことです。
お腹の中のガスの7割は食事時などに飲み込んだ空気が原因であり、3割は腸内細菌が腸に入ってきた食べ物を分解した際に発生したものです。
通常ですと、こうして発生したお腹の中のガスは排出されるためにお腹の中にたまってしまうということはありません。
しかし、排出量よりも発生する量の方が多くなってしまうことがあります。
原因の一つに空気呑気症というものがあります。
ストレスを感じたり緊張したりすると、人間は無意識のうちに空気を呑み込んでしまうのです。
また、便秘も一つの原因となります。
たまった便によって、大量のガスが発生しているのです。

スポンサーリンク

 

腰痛を引き起こすお腹が張る状態をどうにかしたい、という場合にはまずその原因を取り除くことが大切です。
まずは空気呑気症の原因ともなっているストレスを解消するようにしましょう。
日常生活において、ストレスの原因となっているものをなるべく遠ざけるようにします。
また、質の良い睡眠やバランスの整った食事などに気をつけて、規則正しい生活を心がけましょう。
腸を冷やさないように冷たいものは避けて、温かいものを飲むのも効果的です。
ミントやジャスミンに含まれている香りの成分はオナラが出やすくする効果があります。
ハーブティーを飲むことでリラックスした時間を過ごすことも大切です。
また、便秘の改善をすることも重要です。
毎朝決まった時間に目を覚まし、排便をするようにしましょう。
朝食をしっかり食べることでお腹が刺激されると、排便もしやすくなります。
また、腸の動きを活発にするためにも適度な運動はおすすめです。
お腹が張ることで引き起こされる腹痛や腰痛、頻繁なオナラなどはとても辛いものです。
我慢できるからといって放っておくことはせずに、早めに対策をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ガスが溜まってお腹が張る症状に薬は効果があるのか
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
ガスが溜まってお腹が張る病気の原因と対策
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。