お腹が張る 痛い 腰痛

お腹が張ると腰が痛い要因と腰痛対策について

スポンサーリンク

 お腹が張ると腰が痛いという特有の症状が起きるケースが、しばしばありますが、これに関してはお腹が張る状態による腰が圧されてもたらされる腰痛といえます。
お腹が張る要因となる便、あるいはガスが蓄積されるのは、腸に違いありませんが、腸及び腰は前後で綿密に繋がっている場所になります。
腰は背骨が通っていて、背骨は軟骨という関節部分より非常に重要な神経もあります。
お腹が張ると正面サイドに出るのみならず、後ろの方にも張ることから、お腹の後側にある腰の関節、あるいは神経に当たってしまいます。
そのことによって、腰痛が生じるということになります。
腹部の張りを介して腰痛が生じた場合、神経そのものにあたっている可能性が高いとされます。
したがって、腹部の張りが引いたら苦痛が和らぎます。
ただし、腹部の張りの要因が便の場合腰が痛いことも慢性化することになります。
これについては、ガスよりも便のほうが対外排泄されづらいためです。

スポンサーリンク

 

腹部の張りがあり腰が痛いケースでは腰に異常が見られるというより腹部に支障があるので、腰痛を良くするために、腹部の状態を良化することが重要であるということです。
好転するにあたり留意しておきたいところは、食事に加えて運動といえます。
食事は、お通じに良いとされている食物繊維、あるいは腸内における環境を良化する乳酸菌を摂り入れると役に立つでしょう。
食物繊維は不溶性及び水溶性があることから、まず第一に自分にピッタリはどちらかを見出しましょう。
乳酸菌はタイプがたくさんあり、食物繊維と同じ様に合う合わないが見られることから有効性を感じるために自分自身にマッチする乳酸菌を見い出しましょう。
条件の良いものを見極めるためには、たくさんの野菜やヨーグルトなどを試みることが求められますが、そのことが煩わしいという人にはサプリが望ましいといえます。
サプリであれば様々な種類の乳酸菌を一度で飲用できますので、重宝します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張ることで腰痛が起きているなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る症状と腰が痛いときの病気について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ることや腰痛は病気の可能性もあります
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る上に腰痛や腹痛があるなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下痢、便秘、腹痛、腰痛、お腹が張るなどが2週間以上続いたら注意
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。