お腹が張る 腰痛 腹痛

お腹が張る上に腰痛や腹痛があるなら

スポンサーリンク

 お腹が張るという症状に悩まされたことがある人は少なくありません。
これは便秘のときによく起きるものだからです。
 そして便秘となれば、腹痛も伴います。
これはお腹の中に大量の便が溜まっているからこそ発生するのです。
 そしてこれらの症状は、便通があれば解消されるようになっています。
 しかし、そこにお腹が張る上に腰痛もあるとなれば、別に問題を抱えている可能性が高いと言えます。
 考えられるものとしては、腹部大動脈瘤があります。
これはその名称にあるように、腹部の大動脈の一部が膨らんで瘤のようになる状態を指します。
 この病気になると、腰から腹部にかけて痛みを発するようになると言われています。
50代から60代の男性によく見られるものです。
 これが起きる原因としては、糖尿病や高血圧、運動不足やストレスなどが考えられています。
 そのため、これになるのを防ぐには、生活習慣を見直す必要があります。
 単なる腹痛や腰痛だと思って油断しないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 お腹が張る上に腰痛や腹痛に見舞われる病気としては、十二指腸潰瘍や胃潰瘍もあります。
これはその他に胸焼けやげっぷ、吐き気や嘔吐、食欲不振に吐血などを招くため、大変危険な病気だと言えます。
 これは精神的なストレスが引き金になることが多いと言われています。
胃液の過剰分泌がそれを引き起こすこともあります。
 そのため、それを防ぐにはストレスとの上手な付き合い方を見つけることとなります。
スケジュールの調整を行い、余暇を得られるようにしましょう。
 ピロリ菌による感染により引き起こされることもあるため、その辺に対する注意も必要になってきます。
 胃がんが原因ということもあります。
こちらは定期検診をきちんと受けるようにして、早期発見に努めるようにしましょう。
 人間何をするにしても、健康的な肉体がなければ難しいと言えます。
そのため、暴飲暴食などを極力控え、日頃から身体の安全を保つようにしましょう。
 そうすれば問題が起きるのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張ることで腰痛が起きているなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る症状と腰が痛いときの病気について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ることや腰痛は病気の可能性もあります
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ると腰が痛い要因と腰痛対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下痢、便秘、腹痛、腰痛、お腹が張るなどが2週間以上続いたら注意
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。