妊娠初期 生理前 お腹が張る

生理前や妊娠初期にお腹が張る原因と対処法

スポンサーリンク

 生理前にお腹が張ることがあります。
その原因は一体何なのでしょうか。
生理前になると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌量が増えます。
黄体ホルモンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜が厚くなるため、お腹が圧迫された感じがする人もいます。
また、黄体ホルモンが増えると腸のぜん動運動が低下します。
そのため便秘気味になり、その結果腸内の腐敗を促す悪玉菌が増え、ガスが発生しお腹が張る原因になります。
黄体ホルモンは、排卵直後から卵巣でつくられます。
排卵から次の生理までの間増え続けるため、生理前にお腹が張るのです。
また、妊娠初期にお腹の張りを感じる人もいます。
しかし妊娠初期というのは、子宮がどんどん大きくなり、子宮の筋肉が引っ張られているときに感じる違和感が多いです。
その違和感をお腹の張りと感じる人がいるようです。
妊娠初期には誰にでも起こりうることですが、まれに危険な兆候であることもあるため、心配であれば医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

生理前のお腹の張りは不快なものです。
また、腸のぜん動運動が弱まり便秘になると、腸内でガスが溜まるなど体に良いことがありません。
生理前のお腹の張りの解消方法はどのようなものがあるのでしょうか。
まず、お腹を温めます。
お湯につかる、湯たんぽを使用するなどしてお腹を温めましょう。
そして、横になり、腸のあたりを「の」の字にやさしくさすり、マッサージします。
腸のぜん動運動を促します。
また、軽いウォーキングをすることも有効です。
歩くことで腸を刺激し、ガスを出すこと、便秘の解消に繋がりお腹の張りを解消することが期待できます。
また、食生活に気をつけることも重要です。
食物繊維を意識して摂る、水分を多めに摂るなどして便秘解消に務めることが重要です。
アルコールの摂取を控えることも大切です。
次に、締め付けない服装も重要です。
下着や細いパンツスタイルなど、締め付ける服装をしている人は要注意です。
ゆったりとした服装を心がけましょう。
血流を良くすることで、お腹の張りが改善することにつながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵日にお腹が張る原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前にお腹が張るという症状の原因と改善方法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
そのお腹が張る感じとガス、妊娠初期症状かもしれません
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前に腰痛になったりお腹が張るのはホルモンの影響
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。