妊娠初期 症状 お腹が張る

妊娠初期症状、お腹が張るときの原因と解消法

スポンサーリンク

妊娠初期にお腹が張ると、もしかして要注意のサインかもしれない、と心配になってしまいます。
お腹が張るように感じるのには、様々な原因が考えられます。
まずは、子宮の収縮によるものです。
子宮は普段は柔らかく緩んだ状態ですが、疲れや体をたくさん動かすことが刺激となり、子宮の筋肉が収縮します。
これをお腹が張っていると感じるのです。
次に、子宮の肥大が原因となることも考えられます。
妊娠すると、子宮がすごいはやさで大きくなります。
これに伴い、子宮を包む膜も膨らんでいきます。
そのとき突っ張ったような感じがするので、それをお腹が張ると思うようです。
また、子宮の肥大により、おなかの皮膚表面も膨らみ、子宮を支えている靭帯や子宮広間膜も引っ張られます。
そのため、お腹が張ると感じるのです。
その他の原因としては、便秘や疲れ、緊張、冷えによるものが挙げられます。
妊娠初期に便秘になる方は多くみられます。
また、初めての妊娠で無意識に緊張している方も多く、それがお腹の張りという症状になって出てくることもあります。

スポンサーリンク

 

様々な原因を挙げましたが、やはり妊娠初期のお腹の張りは辛いし何より心配になります。
症状を少しでも柔らげる方法を紹介します。
子宮の収縮や肥大による張りは、生理現象なので自分では解消できませんが、便秘や冷えによるものなら改善できると思います。
ぬるめのお湯につかり、半身浴をすることで、緊張がとけリラックスできます。
更に冷えも改善でき、便秘にも効果的です。
靴下を履いて、体を暖めるのも良いです。
また、足のマッサージもおすすめです。
ふくらはぎを揉みほぐしたり、足裏を刺激して血行を良くしましょう。
半身浴しながらのマッサージもリラックスできると思います。
ただし、途中で気分が悪くなったり、違和感を感じたらすぐにやめましょう。
また、普段の食事を見直すことも大切です。
体を温める食材を積極的に摂りましょう。
根菜は、体を温めるだけではなく、便秘解消にもなり一石二鳥です。
妊婦は通常の二倍食べるというのは一昔前の話です。
体重を増やしすぎないためにも、根菜類は積極的に摂りたいですね。
最後に、もし定期的なお腹の張りや、出血を伴うような症状がある場合は、自己判断をしないで、病院を受診してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期の腰痛とお腹が張ることの関係性について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠中期にお腹が張る原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊婦のお腹が張る原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠すると腰痛やお腹が張る症状が現れる
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。