胃腸炎のお腹が張る症状について

スポンサーリンク

胃腸炎の原因や症状は様々なものがあります。
ですが、症状として共通している点としては下痢や嘔吐といった胃腸器官のダメージが大きいとこにあります。
また、胃腸炎のタイプによってお腹が張るといった症状やガスが溜まってしまうこともあります。
胃腸炎はノロウイルスやアデノウイルスなどが原因とされているウイルス性のものや食材が持っている様々な細菌が原因となって起こってしまう細菌性のものの2タイプに分かれています。
どちらにしても胃腸系に障害が出ているので胃腸炎と呼ばれていますが、お腹が張るといった症状を感じている場合には、細菌性胃腸炎という場合が多い傾向にあります。
細菌性胃腸炎は、食べ物の調理が不十分な場合だったり、調理している人の除菌不足などが原因となってしまって細菌が人に感染してしまうことになります。
ですが、細菌が付着していたとしても腐敗しているというわけではないので、臭ったり、見た目で判断することはできません。

スポンサーリンク

細菌性胃腸炎の症状としては、腹痛や発熱、血便などから始まることになり、お腹が張るといった状態になってしまうと吐き気や嘔吐、下痢といった症状が現れてきてしまいます。
また、抗生剤で体の中の細菌を退治していくことによって治ることになるので、病院で薬を処方してもらうことによって一週間ほどで回復することができます。
ですが、症状がなくなったとしてもお腹の張りやガスが溜まってしまってゲップが出てしまうという人もたくさんいます。
これは胃の調子が悪くなっていて消化不良が起こってしまい、食べ物が腸内に長い期間残ってしまっている状態になっています。
このことによって今度は腸内の環境が悪くなってしまってガスが溜まってしまい、おならが出てしまったり、胃の機能が低下してしまうのでゲップも出てしまうことになります。
他にもピロリ菌などが増殖してしまうことが原因でこのような症状を発症してしまう場合もあります。
ですが、基本的にはほとんどが胃の調子が悪化していることが原因になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加