げっぷがでてお腹が張る原因とは

スポンサーリンク

お腹が張ってなんとも言えず苦しい、なにをやってもお腹が張るなどの現象が起こることがありますが、それと同時にげっぷがでることもあります。
お腹が張るだけでも辛いのにげっぷまででると不快感が一層大きくなって仕事や家事などに集中できません。
そこで、お腹が張ってげっぷがでてきたときの原因と対処法を紹介したいと思います。
まず、原因はコレとわかっているときもありますし、1つというわけではなくいくつか重なっていることもあります。
例えば、飲みすぎ食べすぎはあきらかにわかりやすく本人も自覚しやすい原因の1つです。
他にも冷たいもの、刺激物を多く食べたりしても胃腸が弱り、張りやげっぷがでやすくなります。
自覚しにくいものとしては、ストレスだったり、病気の可能性もあります。
また日頃の生活スタイルが不規則だったりすると、徐々に疲労がたまりお腹に症状がでることもあります。
それでは次にどうやって対処していけばいいか解決方法を探ります。

スポンサーリンク

1番効果があり、早く効き目がでるのが薬です。
この場合は胃腸薬で対処できますが、胃腸薬にも種類がありどれでも効くわけではありません。
お腹の張りやげっぷがでる症状を店員に話し自分に合った薬を買うようにしてください。
そして注意事項を守って飲むようにしてください。
次にお腹を温めるようにしてください。
なるべくお風呂はシャワーだけで済ませないでゆっくり湯船に浸かったり、夏でも腹巻きをしたりします。
温めることでお腹の動きは良くなり、症状が緩和されていきます。
なるべく負担をかけないように直接中から温めるのに白湯を飲んだりするのもオススメです。
お腹が張るのを解消できるまでは、刺激物を避けたり、間食をやめてお腹に優しい食事をするようにして胃腸が休める時間を多く作り回復させてあげるようにしてください。
食事は水溶性のものを中心にすると負担が少なく済みます。
また生活スタイルを見直し規則正しい日常生活を送り、適度に運動をするようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加