食後 お腹が張る 原因

食後にお腹が張る原因と対策

スポンサーリンク

食べ物は口から入り、唾液の消化酵素によって炭水化物をある程度分解し、食道から胃へと送られています。
胃では、ぜん動運動によって食べ物が消化されやすいように撹拌し、ペプシンと呼ばれる消化酵素でたんぱく質をペプチドに変え、その食べ物は十二指腸へと送り込まれます。
食事を摂取することで消化酵素が働き、栄養素が吸収されたり、老廃物が排出されます。
食後にお腹が張る症状を訴える人は意外と多く、原因の1つは消化酵素が十分に機能していないことが挙げられます。
暴飲暴食や早食いなどは、胃腸に負担を掛けてしまいやすく、腸管の運動機能に影響を与えるだけではなく、腹痛などを引き起こす要因にもなります。
また、食後にお腹が張る原因は空気であり、胃から腸までの腹部膨満感に陥っています。
お腹の張りはおならとして、またゲップとして体外に排出することで対処することができる他、薬によってもガスを潰すなどして抑制させることが可能です。

スポンサーリンク

 

食べ物を食べる際、空気も一緒に飲み込んでしまうため、その空気が行き場をなくし、お腹が張る状態を作ってしまっている可能性も挙げられています。
また、飲み物では炭酸飲料も炭酸ガスから作られているため、ガスがそのまま胃を通過して腸内に滞り、お腹が張った状態を作り出してしまいます。
腸では、吸収した後の残りカスとなる老廃物が溜まっているため、原因となる空気や炭酸ガスの通り道が狭くなり、行き場のない空気は食後に良く見られるゲップとして口から排出されます。
また食べ物が腸内で発酵することも要因であり、納豆などの発酵しやすい食べ物は腹部の膨満感やおならに直結しています。
対策として、腹痛にも繋がる早食いは避け、空気を取り込みやすい内容の食事を控えることがポイントです。
さらにタバコも空気を吸い込みやすいために、食後の一服などは控えることも健康を意識した場合にポイントとなり、子供も食べるケースが多いガム類もなるべく控えることが対策の1つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

食後にお腹が張る主な病気について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
食べ物などのお腹が張る要因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張るなどの症状で食欲がないときの対処法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。