生理前 症状 お腹が張る

生理前にお腹が張るという症状の原因と改善方法

スポンサーリンク

 生理前になると起こる、女性の体の変化のなかにお腹が張るという症状があります。
お腹が妊娠しているかのように、ぽっこりと出てしまったり、内側から圧迫されて苦しいような感じがしたり、中にはそのまま便秘症状へとつながってしまう人もいます。
生理前にお腹が張る原因は、その頃から生理中に大量に分泌される女性ホルモンの一種である、黄体ホルモンの影響が深く関係していると言われています。
黄体ホルモンは皮脂を多く分泌させたり、イライラなどの感情の起伏を激しくしたりと様々な影響をもたらすことがわかっていますが、腸のぜん動運動を弱めてしまう効果があります。
これにより便秘を悪化させ、ガスが排出されにくくなり、お腹が張るといった症状が見られるのです。
お腹あたりが苦しく感じるのも、黄体ホルモンが子宮に水分や栄養素を溜め込もうとすることで子宮が膨らみ、それによって腸や内臓が圧迫されて、生理前に下腹部がギュッと締め付けられるような感覚に陥ることがあります。

スポンサーリンク

 

生理前でお腹が張っている時には、まず体を温めて、血流を良く保つことが大切です。
女性の体に冷えは大敵で、様々な不調のきっかけとなってしまいます。
血流を良く、特に下腹部から下を温めることで、体の巡りをよくし、内側からの健康を維持することができます。
また規則正しい食生活や、適度な運動も大切で、生理前に陥りやすいPMSの改善と気分転換にもなります。
生理が終わるまでふさぎ込んでいたら、気持ちは晴れることがありません。
ですが外の空気を思い切り吸ったり、ヨガやストレッチに励むことで呼吸も整い、リラックスすることができます。
さらにお腹が張っている時は、決して体を締め付けないようにしましょう。
腹巻きなどを巻いて温めたら、ワンピースなどゆったりとした服装を心がけてみてください。
必要に応じて、便秘薬や漢方薬を用いることも一つの手です。
症状に合わせて量を加減したてみたり、タイミングを見計らって服用してもいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

排卵日にお腹が張る原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
そのお腹が張る感じとガス、妊娠初期症状かもしれません
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前や妊娠初期にお腹が張る原因と対処法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前に腰痛になったりお腹が張るのはホルモンの影響
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。