お腹が張る 下痢 病気

下痢などが生じるお腹が張る病気が発生する要因とは

スポンサーリンク

お腹が張るといった体験をした方は多くいらっしゃるといえます。
腹部が突っ張ったように感じて、膨張しているとき、身体全体ではどういったことが起こっているかについてですが、まず第一にお腹が張る要因として想定されるのは、ガスといえます。
腹部にガスが蓄積されることで、お腹が張る症状が生じます。
加えて、ガスが蓄積する背景に、呑気症を挙げることが出来ます。
呑気症は、食事と併せて度を越えて空気を飲み入れてしまう病気の症状です。
ほとんどのケースで、メンタルによるもので、緊張しがちな人や、ストレスを溜め易い方は、呑気症という病気を発症しやすいとされています。
加えて、食事を食べるときのみならず、意識することなく空気を飲むこともあることから、腹部にガスが溜まります。
以上のように、腹部にガスが溜まることを通して、お腹が張るという状態に陥るといえます。
しかしながら、要因はガスのみとは断定できません。
実際のところは、病気を持っていることも考えられます。

スポンサーリンク

 

病気の可能性があることは、腹部が張るという状態に加えて、別の症状も見受けられる場合です。
ひとつの例として、吐き気、あるいは下痢といった特有の症状があらわれるケースでは、急性胃腸炎の危険性があり、食中毒、あるいは第三者による感染が要因と考えられます。
加えて、下痢が恒常的に継続していく場合、過敏性腸症候群という見方もできます。
過敏性腸症候群については、ストレスによって発生してしまうもので、今の時代その特有の症状で苦しんでいる方は拡大をみせていると言われています。
それに加えて、吐き気、あるいはお腹の張りが長引いてしまうというようなケースでは、肝臓や胆のうなどに、何がしかの炎症が生まれている可能性が考えられます。
こうした臓器が炎症を引き起こしてしまった場合、消化するための機能も悪化し、そのことに伴いガスも蓄積され易くなり、適正なガスの排出が不可能になります。
以上のように、腹部の張りは言うまでもなく、吐き気、あるいは下痢などの症状に見舞われる場合、医療機関へ行き適した診察を受けることが不可欠となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張る時に痛いと感じる原因は下痢
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る状態と胃が痛い時の関係について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ることによって起こる吐き気やお腹が痛いなどの症状
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。