排卵日 お腹が張る

排卵日にお腹が張る原因と解消法

スポンサーリンク

 排卵日付近には、様々な症状が起こることがあります。
その一つとして、お腹が張るといった症状もあります。
排卵日付近にお腹が張る原因としては、子宮の膨張というものが考えられます。
子宮が膨張することで、腸等の臓器を圧迫するため、便秘になったりガスがたまるということが起こります。
また、この排卵日付近の時期は、女性ホルモンの分泌量が増えます。
それにより、一時的に腸の動きが悪くなり、お腹が張る等の違和感を感じることがあるともされています。
このお腹が張るという症状等が起きた際には、和らげるために行えることがいくつかあります。
まず第一に体をしっかり温めるということです。
体の冷えや血行不良は、痛みや張りを悪化させる原因にもなります。
普段から薄着であったり、シャワーでお風呂を済ませあまり湯船につからない生活をしている方は注意が必要です。
対策としては、腰回りを冷やさないような格好を心がけ、湯船にゆっくりつかる等があります。

スポンサーリンク

 

二つ目に筋肉をつけることです。
筋肉量が低下していると、基礎代謝が低下してしまうため、体が冷えやすくなってしまいます。
筋肉をつけるためには、良質なたんぱく質を摂ることと適度な運動が必要となります。
普段から軽く運動をする習慣等をつけておく必要があります。
三つ目に体を温める食べ物を摂るということです。
玄米や根野菜、生姜といった食品を摂ることで症状を和らげることに繋がります。
また、マッサージを行い血行を流したり、ガス抜きを行うといったことも対処法としてあります。
なるべく体を温めることが共通していることとなります。
排卵日だけに限らずお腹が張る等の症状が続く場合には、月経前症候群の可能性もあります。
もともとおこる症状は、女性ならではの生理現象による起こるものなので、そこまで心配する必要はありません。
しかし、日常生活に影響を及ぼすほどの症状がでている場合には、周期を確認した上で早めに病院で診てもらうということも大事になってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生理前にお腹が張るという症状の原因と改善方法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
そのお腹が張る感じとガス、妊娠初期症状かもしれません
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前や妊娠初期にお腹が張る原因と対処法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
生理前に腰痛になったりお腹が張るのはホルモンの影響
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。