お腹が張る 食べ物

食べ物などのお腹が張る要因とは

スポンサーリンク

 お腹が張る要因はいろいろですが、ひときわよく知られているお腹が張る要因としてはガスが溜まることを通して起きるということです。
それに加えて、女性の方の場合、生理についても関わっていますし、そのほか空気を飲むことやストレスそれから、ガスを生じさせやすい食べ物の摂取や腸内菌の増加なども引き金になります。
お腹が張ると苦痛ですし、外見的にも大きなお腹になり、好印象は与えません。
さらに別の病気を招く原因にもなることから、とにかく改善したいものといえます。
改善に関する方法としまして、入浴にあたっては湯船に入り、腹部を冷たくしないような服にするという体を温かくするポイントがあります。
さらに、服においては、ベルトといったお腹を圧するようなものは可能な限り避けるのが無難です。
これ以外にマッサージであるとか運動などで外側より腸を刺激したり、張りを解決する実効性のある食べ物などを摂り入れるという方法も存在します。

スポンサーリンク

 

腹部が張る要因が分かったら、その要因を除くと共に、体を温かくしたり食べ物に手を加えたりして張りを解決しましょう。
とりわけ食べ物については手間がかからない解消法ですから、積極的に取り入れましょう。
まず第一によく評価されているのは食物繊維を主体的に取るということですが、食物繊維も種類が有り、ごぼう、あるいはキャベツといった野菜類は不溶性で、オクラもしくは山芋といったねばねばした物は水溶性になります。
どちらの方も効果は見込めますが、水溶性のほうが腸においてゲル化することから一層高い効果が発揮されます。
この他にも腸の動きを高める葉緑素たっぷりの春菊、あるいは乳酸菌なども腸内で期待して良い関わりをしてくれます。
また、クエン酸も殺菌作用を見せるため腸の悪玉菌の増加を阻止してくれますので、それが加わっている柑橘系統の果物なども役に立つでしょう。
更に食べ物のみで摂取が難しいのであれば、サプリなどを利用するという手段もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

食後にお腹が張る主な病気について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
食後にお腹が張る原因と対策
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張るなどの症状で食欲がないときの対処法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。