お腹が張る 痛い 吐き気

お腹が張ることによって起こる吐き気やお腹が痛いなどの症状

スポンサーリンク

腹部膨満感は、お腹が張る症状のことを言います。
腹部膨満感は、腸官内のガスが過剰にあったり、胃腸の動きが悪くなることによって起こってしまいます。
お腹には、口から飲み込まれることになる空気の他にも腸内細菌が発生してしまうガスだったり、胃液がすい臓からの消化液中和されることによって発生することになるガスがあります。
お腹の腸官ガスは、ほとんどの場合、血液中に吸収されて肺を通すことにより、呼吸のときに体の外へ排出されることになります。
お腹が張る原因の一つには、呑気症とも呼ばれていて食事をしているときに過剰に空気を吸い込んでしまう場合があります。
緊張などが原因となってきて自律神経のバランスが崩れてきてしまい、呑気症の症状を発生することがあります。
食事をする際には、ゆっくりと噛んで食べることが大切で食事中に話しすぎていたり、早食いを行ったりすることも空気を飲み込みすぎてしまう原因にもなってきてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群が原因となってお腹が張る場合もあり、お腹が痛いといった症状や吐き気などの症状を引き起こしてしまうことがあります。
この過敏性腸症候群は、精神的なストレスが原因となり、腸の運動に異常に起こってしまい、お腹の張りの他にもお腹が痛いといった症状や吐き気、それに慢性的な下痢や便秘といった症状も引き起こしてしまうことがあります。
何週間もお腹が痛いといった症状や吐き気などの症状が続くこともあったり、治ったと思ったらまた再発してしまうこともあります。
腸閉塞の場合は、がんや腸の動きなどの障害により、腸が詰まってしまってそこから先に腸の内容物が運ばれなくなってしまうのでお腹の張りだったり、腹痛に嘔吐などの症状が出てきてしまいます。
手術後にしばらくすると腸が癒着することにより、腸閉塞を引き起こしてしまう場合もあります。
お腹の張りは、腸内ガスの産生や排出のアンバランスによって起こってしまいます。
呑気症や便微症の場合には、日常生活を改善することによってお腹の張りも治まってきます。
それ以外の場合は、病院へ行くことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張る時に痛いと感じる原因は下痢
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る状態と胃が痛い時の関係について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下痢などが生じるお腹が張る病気が発生する要因とは
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。