お腹が張る 気持ち悪い

お腹が張る気持ち悪い症状から開放されるためには

スポンサーリンク

腹痛のひとつに「お腹が張る」という症状があります。
強い痛みというよりはお腹が張り苦しくて気持ち悪いといった感じの症状で、誰しも経験をしたことがあるのではないでしょうか。
そもそもなぜお腹が張るのか原因を調べてみました。
原因その1、空気を飲み込むことによるお腹の張り。
食事中などに必要以上に空気を飲むとお腹が張ります。
また食事内容によってもお腹の張りを感じることがあり、炭酸飲料やデンプン質をとりすぎると腸内にガスが溜まりお腹が張ってしまうので気を付けましょう。
原因その2、胃腸が炎症を起こしている状態。
胃腸が炎症を起こすと、胃腸の働きが悪くなり、上手くガスを排出できなくなりお腹が張ります。
原因その3、自律神経が乱れてお腹が張る。
実はストレスや緊張などで自律神経が乱れてしまうことでお腹が張ることもあるんです。
自律神経の崩れは目に見えないからこそ、自分自身の気持ちや体の変化に気づきにくいので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

お腹が張る原因が分かったら、解消法を知りたいですよね。
お腹が張る気持ち悪い状態から早くさよならしましょう。
原因のひとつである食事と一緒に空気を飲み込んでしまう場合は、しっかり噛み流し込まないようにして早食いはしないことです。
そしてお腹が張って苦しくて気持ち悪い時は炭酸飲料やデンプン質を控えることが大切です。
そして過度の緊張やストレスもお腹が張る原因になるので、出来るだけストレスとなるものから遠ざかりましょう。
仕事などでどうしても避けられない場合はリラックスタイムを作ったり、趣味を楽しむなどしてメンタルを休ませましょう。
体と同じように心も働きすぎると疲弊してしまいます。
体の休息と一緒に心の休息もとりましょう。
そして胃腸の炎症によりお腹が張ってしまう場合は病院へ行き、薬を貰うなどの適切な処置を受けましょう。
お腹の張りは日々の生活習慣や、心や体が弱ることにより起こります。
しかし原因を知り、それに合った対処法を行うことでお腹の張りからは解消されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加