お腹が張る 腰が痛い

お腹が張る症状と腰が痛いときの病気について

スポンサーリンク

下腹部の張りだったり、ガスが溜まっているような感じが続く場合、大腸がんである可能性が出てきます。
また、さらに腰が痛いといった症状を伴ってしまうことも多く、ただの便秘などと楽観視していると大変なことになってしまいます。
大腸がんも他の臓器がんなどと同じように早期発見することが最も大切なことになってきます。
ですので、職場や名市町村などで行われているような便潜血検査が最も重要な手がかりになってきます。
お腹が張るなどの症状や腰が痛いといった症状、他にもガスが溜まっているような膨張感などを感じている場合は、すでに大腸がんがかなり進行してしまってる可能性が出てきます。
また、他にもお腹が張るなどの症状や腰が痛いといった症状が出てくることで考えられるのが女性特有の月経困難症になっています。
これは生理痛とも呼ばれていて多くの女性が経験することになりますが、その程度は人によって重い感じがする人もいれば、症状が軽い人もいます。

スポンサーリンク

 

他にも子宮筋腫と呼ばれるもので良性腫瘍により、お腹が張るなどの症状や膨満感に腰痛などの症状を引き起こしてしまうことがあります。
これは、女性の20%から30%にみられてるほど身近なものになっています。
尾主に子宮筋層内の平滑筋から発生することになり、最初は点のようなコブ状になっていますが、数十センチまで大きくなってしまうこともあります。
また、筋腫が大きくなってしまうことによって骨盤内で神経を圧迫してしまい、月経時以外にも腰痛といった症状を引き起こしてしまうことがあります。
その他にも膀胱や尿管を圧迫してしまうことによって排尿障害や水腎症も起こしてしまうこともあったり、貧血症状なども出てしまうことがあります。
下腹部と腰の神経は、深い関わりがあり、異常があったときによって腰の痛みなどが出やすくなってきてしまいます。
女性の場合なら子宮内膜症や子宮筋腫などの発症率が高い病気になっている可能性も考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹が張ることで腰痛が起きているなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ることや腰痛は病気の可能性もあります
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張る上に腰痛や腹痛があるなら
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
お腹が張ると腰が痛い要因と腰痛対策について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
下痢、便秘、腹痛、腰痛、お腹が張るなどが2週間以上続いたら注意
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。