お腹が張る 妊娠中期

妊娠中期にお腹が張る原因と解消法

スポンサーリンク

妊娠中期は、つわりが落ち着き安定期に入るため、わりとお腹が張ることも少ないと言われていますが、この時期にお腹が張る原因は何なのでしょうか。
何とほとんどの原因が、妊婦さんの動きすぎと考えられます。
妊娠中期に入り体調が良いからといって、つい家事を一気に済ませたり、無理して仕事をしたり、張り切って歩きすぎたときに起こります。
ほとんどが動いているときなのです。
普段は柔らかい子宮ですが、働きすぎによる疲労やたくさん動いたことにより、子宮の筋肉が収縮します。
それによって、お腹が張ると感じるようです。
また、妊娠すると、子宮が大きくなり、子宮を包んでいる膜も膨らみます。
そのときの突っ張る感じが、お腹が張っていると感じるようです。
ほとんどの場合が、横になって安静にしていればおさまりますが、もし横になっても張りが続くときや、一時間の間に何度も張るときは、病院を受診しましょう。
出血がある場合は、流産などの危険も考えられます。
すぐに受診してください。

スポンサーリンク

お腹の張りの主な原因は、疲労と過活動です。
妊娠中期で快適だからといって、無理をしないことが大切です。
体重管理やストレス解消のため、ウォーキングをする妊婦さんは多いですが、くれぐれも歩きすぎには注意してください。
距離を短くしたり、途中で休むなどして、無理をしないように心がけましょう。
また、ストレスのためすぎも要注意です。
人間は、ストレスを受けると特殊なホルモンを分泌します。
そのホルモンが子宮の収縮に影響を及ぼし、お腹が張る原因となるのです。
ちょっとした夫婦喧嘩もストレスになります。
旦那さんにもお腹の張りの原因を話し、協力してもらいましょう。
体の冷えも、子宮を収縮させます。
体を温める食べ物を積極的に摂ったり、半身浴をして体を温めると良いでしょう。
また、立ちっぱなしは血行を悪くして、お腹が張ってしまいます。
仕事などで、立ちっぱなしが避けられないという状況の方も、お腹の赤ちゃんのことを考え、時々は座るようにしたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠初期症状、お腹が張るときの原因と解消法
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠初期の腰痛とお腹が張ることの関係性について
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊婦のお腹が張る原因
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。
妊娠すると腰痛やお腹が張る症状が現れる
下腹部痛の原因と症状と対処法あれこれです。